事業概要

「インバウンド事業」
特定非営利活動法人ジャパンメディカルリンク(JML)の役員はすべて医師で構成されています。
このような医師の集団による医療ツーリズムの総合窓口は、日本初です。
・医療相談・セカンドオピニオンから、最適な治療法を提案
※がん治療の場合、セカンドオピニオンから再検査を実施、検査結果を「キャンサーボード=複数の医師団で治療法を検討し、最適な治療法を提案。
・日本の主治医となり、連携する医療機関(病院・クリニック・健診センター)に紹介状を発行しスムーズな治療を提供いたします。
・人間ドック(PET/CTC検査等)で異常があっても、治療への対応が整っているので安心です。

 

「アウトバウンド事業」
日本の優れた医療技術を海外に提供いたします。
・ICP-MS(質量分析器)+AIシステムから体内の有害重金属等を測定する
「PM2,5 対策や環境汚染に対処するソリューションを提案」
・免疫細胞治療ラボの開設プロジェクト
・遺伝子治療プロジェクト

 

「講演・セミナー事業」

PM2.5対策として、髪の毛で測定するミネラル検査をもとに、ベースサプリを提供
重金属を体外に排出するキレーション点滴を提供する仕組みセミナーを開催予定

がんの再発と転移の予防、治療の効果判定のための“CTC(がん幹細胞)検査”
から、CTC(循環腫瘍細胞)、CSC(循環幹細胞)の遺伝子から見る、個人々の異なる
がんの性格、病態の実態、手術予後の予測など明確わかる。
超早期に分かるがん細胞に対し、壊れた遺伝子を修復する“遺伝子治療”でがんに戦う体制を整えるなど、わかりやすくセミナーで理解を深める。